ニキビを治す方法

ニキビを治す方法!効果的なニキビの治し方

年代によって変わるニキビの原因


代表的な肌トラブルとしてあらゆる年代でランキングのトップに来るニキビ。

ニキビは、年代によって原因が違うというのはご存じでしょうか。

一般的に、ニキビは出来はじめるのは中学生くらいから出来はじめます。中学生ぐらいですと成長期に入り、体を成長させようとホルモンの分泌が活発になります。

成長ホルモンが寝ている間にたくさん分泌されるのですが、成長ホルモンの他にも様々なホルモンが分泌されるのでホルモンバランスが崩れやすくなります。その結果、皮脂の過剰分泌などが起こりニキビの原因となるのです。

この時期のニキビというのはどうやっても出来る物であり、ケアをしても数を減らすことは出来ても完全に防ぐことは難しいのです。成長期が落ち着いてくる18歳頃になると、段々とニキビは落ち着いてきます。

成長期の後に発生するニキビは、大人ニキビと呼ばれます。女性であれば生理前などに一時的にホルモンバランスが崩れる際には、ニキビが出来やすくなります。
それ以外の要因だと、毛穴の詰まりなどの外的要因や内臓疾患などの病気、さらに体温が上昇していると皮膚の温度が上昇してニキビの原因となるアクネ桿菌が活動が活性化するといった要因があります。

これらのニキビに関しては、ある程度自分の食生活や健康状態、日常生活の改善によってニキビを予防することが出来るのです。

年代別によって、ニキビの出来る原因は違い、さらに対策方法も変わります。正しい原因を知ることによって正しい対処が行え、ニキビが出来ても早期の治療が出来るようになります。

 

コラム